NFT

炎上万博とコラボした【NFT】HLPeace(HLP)の買い方を解説


初心者

炎上万博とコラボした【NFT】HLPeace(HLP)について知りたい!

でも、特徴や 、買い方がよくわからないな。

だれかわかりやすく解説してくれる人はいないかな。。。


こんな悩みを解決していくよ!

とーや


 本記事の内容

  • HLPeace(HLP)とは
  • HLPeace(HLP)の特徴
  • オススメの国内取引所
  • HLPeace(HLP)の買い方
  • NFT購入時の注意点
  • まとめ


 本記事の信用度


筆者の情報はこんな感じ!

筆者のプロフィール

  • 金融系専門卒、経理の仕事をしている会社員
  • 仮想通貨を長期運用している投資家


なお、NFTを購入する際に、仮想通貨が必要となるので、あらかじめコインチェックのインストールを済ませておきましょう。

※購入する場合は、「0.02ETH(4,900円)+0.02ETH(4,900円)」で、レートのことを考えると、合計1万円ほどの入金が必要です


\3年連続ダウンロード数 1位/

コインチェック公式サイト

初心者におすすめ!最短5分で口座開設できる


HLPeace(HLP)とは?

NFTの名前HLPeace
ジャンルTask to Earn
プレセール価格0.001ETH(約2,450円)
パブリックセール価格0.002ETH(約4,900円)
販売日2023年4月4日16時44分~4月5日16時00分(フリーミント)

2023年4月5日16時44分~4月6日16時00分(プレセール 1st)

2023年4月6日16時44分~4月7日16時00分(プレセール 2nd)

2023年4月7日16時44分~4月8日16時00分(パブリックセール)
NFT販売数7,777体(フェーズ1)

54,439体(全7フェーズ)
ブロックチェーンETH(イーサリアム)
公式サイトhttps://dao.hlpeace.jp/
Discordコミュニティhttps://discord.com/invite/H6xc8KVEQp
公式Twitterhttps://twitter.com/HLPeace_DAO
2023年4月 現在


HLPeaceとは、拡散に特化したプラットフォームを構築し、現場市場に需要のあるサービスを手助けするプロジェクトです。


サービス利用者は、報酬として、請求や還元ができる、新しい稼ぎ方「Task to Earn」が提供されます。


つまり、SNSなどで「HLPeace」を拡散すれば、お金を稼げるということです。


初心者

NFTプロジェクトを広めることでお金を稼ぐってこと?


そうだね!拡散お手伝いをしてお金が稼げるんだ!

Twitterのリツイートなども拡散に入るよ

とーや


HLPeace(HLP)の特徴


HLPeace(HLP)の特徴は、以下のようになります。

  • 拡散でお金を得られるプロジェクト
  • 妖精や天使などがイラストのNFT
  • レペゼン主催の炎上万博とコラボ
  • NFTのレア度に段階がある
  • 全7フェーズで合計54,439体販売
  • ジェネラティブNFT
  • アニメや子供向けプラットフォームを予定
  • プロジェクト参加者への特典が豊富
  • SNSの知名度が高い
  • 販売前のコミュニティ参加者が多い
  • コラボイベントが多い
  • チームメンバー一覧


順番に解説していきます!


特徴①:拡散でお金を得られるプロジェクト


1つ目は、拡散でお金を得られるプロジェクトだとということ。


先述のとおり、このプロジェクトでは、HLPeaceを拡散をして稼ぐことができるプロジェクトです。


拡散で稼ぐ方法を、「Task to Earn」と呼び、NFTプロジェクトで初めての稼ぎ方と呼ばれています。


拡散をすれば、お金がもらえる仕組みのこと!

とーや


特徴②:妖精や天使などがイラストのNFT


2つ目は、妖精や天使などがイラストのNFTだということ。


フェーズ1の「Angel」で販売されているNFTと、それぞれの販売数は以下のようになります。

フェーズ1のNFT一覧

  • Creator「創造神」、Legend「伝説」(2体)
  • God「神」、King「王」(20体)
  • Chief「主席」、Angel「天使」(200体)
  • Angel「天使」Fairy「妖精」(2,000体)
  • Apprentice「弟子」、Angel「天使」Fairy「妖精」(5,555体)


これはあくまでフェーズ1で販売されるNFTで、上に行くにつれて販売数がかなり減っています。


フェーズ2以降になったら、販売されるNFTが変わってくるかもしれませんね。


特徴③:レペゼン主催の炎上万博とコラボ


3つ目は、レペゼン主催の炎上万博とコラボしているということ。


HLPeaceでは、YouTubeチャンネル登録者数400万人超え人気YouTuber「Repezen Foxx」主催の炎上万博とコラボしています。


Repezen Foxxのメンバーである、「DJ 社長」がTwitterで宣伝したことで、認知度が高まりました。


2023年4月現在、表示回数は「282万」を超えていて 、 いいね数は「2.1万」 、 リツイート数「2.7万」という数字だったので、これでプロジェクトを知った人も多いでしょう。



特徴④:NFTのレア度に段階がある


4つ目は、NFTのレア度に段階があるということ。


HLPeaceでは、レア度に段階があり、それぞれ以下のようになっています。


フェーズ1では、このように上に行くにつれて排出率が変化していきますが、次のフェーズではこの排出率が増減する可能性がありますね。


レア度の高いものほど、排出率が低くなるよ!

とーや


特徴⑤:全7フェーズで合計54,439体販売


5つ目は、全7フェーズで合計54,439体販売するということ。


それぞれのフェーズは、このようになっております。


全フェーズ一覧

  • 【フェーズ1】Angel(エンジェル)
  • 【フェーズ2】Fairy(フェアリー)
  • 【フェーズ3】Animal(アニマル)
  • 【フェーズ4】Plant(プラント)
  • 【フェーズ5】Insect(インセクト)
  • 【フェーズ6】Kaiourui(カイオウルイ)
  • 【フェーズ7】Dragon(ドラゴン)


HLPeaceでは、1フェーズごとに、7,777体を販売します。


それを7回おこなうことで、合計54,439体になるわけです。


特徴⑥:ジェネラティブNFT


6つ目は、ジェネラティブNFTであるということ。


ジェネラティブNFTとは、パーツを自動で組み合わせるNFTのことです。


NFTのパーツには、レア度があり、ランダムのパーツの組み合わさることでNFTの価値が変動します。


もちろん、価値が高くもなれば、下がるものもあるので、そこをよく理解したうえで購入を検討しましょう。


特徴⑦:アニメや子供向けプラットフォームを予定


7つ目は、アニメや子供向けプラットフォームを予定しているということ。


HLPeaceのPDFによると、事業が拡大したら、アニメや子供向けの動画プラットフォームも作成するとのことです。


このプラットフォームでは、さらに以下の特徴があります。


プラットフォームの特徴

  • 広告収入の還元率が高い
  • 視聴者の広告視聴で、広告収入の還元
  • 配信者やアーティストの活躍の場にできる


など、動画視聴者だけでなく、配信者やアーティストにもメリットが多くということです。


特徴⑧:プロジェクト参加者への特典が豊富


8つ目は、プロジェクト参加者への特典が豊富だということ。


HLPeaceのNFT保有者は、以下のような特典がつきます。


参加者への特典

  • NFTプラットフォームの使用、商用圏優先利用権利
  • NFT、HLP、Worksの収益の30%~60%
  • HLP DAO 全体の10~30%還元
  • NFTの2次利用、商用利用の権利が与えられる
  • 抽選優先権利が提供される
  • エアドロまたは、優先購入権利が得られる
  • 割引やアクセス権が得られる


このように、NFTを保有しているだけで、NFTを優先的に購入できる権利を得られたり、収益の何%かを得られやすくなるなど、お得が盛りだくさんです。


特徴⑨:SNSの知名度が高い


9つ目は、SNSの知名度が高いということ。


HLPeaceの公式Twitterでは、フォロワーが3.5万人以上います。


まだ販売前ですが、その時点でも、かなりの人数がHLPeaceを認知していることがわかりますね。

※3月半ばよりも1,000人以上増えている


DJ社長の影響力も、もちろんありますが、HLPeaceのイラストや拡散して稼ぐ 「Task to Earn」などが評価されたのが大きいです。


特徴⑩:販売前のコミュニティ参加者が多い


10個目は、販売前のコミュニティ参加者が多いということ。


HLPeaceのDiscordコミュニティでは、2023年4月で約5,400人のコミュニティ参加者がいます。

※こちらも3月半ばから、600人以上増加している


販売前で、この人数は多く、販売が近づくにつれて、コミュニティ参加者が1日で100人以上増えていたので、これからは、コミュニティ参加者が増える可能性は高そうです。


特徴⑪:コラボイベントが多い


11個目は、コラボイベントが多いということ。


HLPeaceでは、Repezen Foxxだけでなく、アジア最大の仮想通貨取引所である「MEXC」や 、 4月9日に開催予定の「石川県 NFT 展示会」にも参加をする予定です。


ほかにも、創立者のNaoha氏は、多くのNFT関係者とTwitterで対談するなど、イベントをおこなっており、交流をしています。


このように、多くのインフルエンサーと関わりがあり、HLPeaceを広めているので、将来性の期待もできますね。


特徴⑫:チームメンバー一覧


12個目は、チームメンバー一覧です。


チームメンバーは、それぞれ、次のようになっています。



特徴⑪でも解説したとおり、Naoha氏は、経営者としても優秀で、事業でも成功をおさめているのだとか。


実際にコラボも多くされていて、横のつながりが大きい組織だと予想ができますね。


オススメな国内取引所


HLPeaceのNFTを購入するには、国内取引所の口座開設が不可欠で、イーサリアム(ETH)という仮想通貨が必要です。


ぼくがオススメする国内取引所を紹介していきます。


コインチェック


オススメする国内取引所は、「コインチェック」です。


コインチェックのメリットを、以下のようにまとめてみました!



さらにコインチェックは、簡単に仮想通貨を購入できるため、完全初心者 向けにつくられています。


マネックスグループの子会社で、資金力や信用度も高い取引所となっているので、ぜひ口座開設をしてみましょう!


ぼくが、コインチェックの口座開設方法と仮想通貨の購入方法を解説しているので、そちらを参考に!


ただ、この解説記事は、仮想通貨XRP(リップル)を例にしているので、間違えないように、ETH(イーサリアム)を購入しましょう。

※bitFlyerは過去に、仮想通貨の価格が上昇しすぎて、アプリが開けなくなったことがあったので、コインチェックを紹介しました。


\500円から仮想通貨を購入できる/

コインチェック公式サイト

初心者におすすめ!最短5分で口座開設ができる


HLPeace(HLP)の買い方


まず、連携させるには、メタマスクや 、 Google Authenticator 、 Open Sea のインストールが必要となるので、あらかじめインストールしておきましょう。


なお、自サイトでは、メタマスクの作成方法についてまとめた記事を公開しているので、よろしければ、参考にしてみてください。


Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ


コインチェックから送金する


まずは、コインチェックで入金した、ETH(イーサリアム)を送金しなくてはなりません。


コインチェックのアプリから、ウォレットをクリックしてください。


次に、「ETH残高」から、送金をクリックします。



そうすると、「イーサリアムの送金」にいき、設定をおこなっていきます。


注意してほしいのが、「送金先」でメタマスクのアドレスをコピーして入力するのですが、一文字でも間違えると、送金されないので、気をつけましょう。


手順としては、このようになります。


イーサリアムの送金手順

  • メタマスクのアプリの、アドレスをコピーして、「送金先」にいれる
  • 「送金目的」を「その他」
  • 「具体的な送金目的」は、ぼくは「メタマスクに送金」と入力しました
  • 「送金額」を、NFTを購入できる金額、自分の好きな金額にする
  • 確定したら、「次へ」ですすみましょう



次へですすんだら、Google Authenticatorのアプリで表示される、6桁の番号を「2段階認証」に入力します。


入力したら、「申込みを確定する」で、ETH(イーサリアム)を送金しましょう。


送金したら、「送金申請が完了した」というお知らせがでて、送金が完了となります。



念のため確認がしたい、という方は、以下の「メール」が届いている確認と、自分のメタマスクのアプリにETH(イーサリアム)が増えているかの確認をしましょう!



サインアップを選択したら、「ゲーム内の名前」 や 「アドレス名」 、 「パスワード入力」をして、「サインアップ」を押してください。


「アクティベーション」というのが表示されると同時に、「サインアップ」で入力した、「アドレス」から、メールが届きます。


Open SeaでHLPeace(HLP)NFTを購入する


続いては、Open Sea で HLPeace(HLP) NFT を購入する手順を解説していきます。


Open Seaとは、NFTを販売している市場のことで、メルカリと同じ、マーケットプレイスのこと。


購入したい方は、公式サイトから、Open Seaに飛べるのでそちらをクリックしましょう。


2023年4月現在Open Seaで「HLPeace」を入力すると、偽物が多数現れるので、絶対に公式サイトから購入してください


しかし、NFT自体は、まだ販売をされていませんので、公開され次第記載していきますので、NFTを購入する予定がある方は、事前にETH(イーサリアム)を買っておきましょう。


購入をしたみなさん、お疲れさまでした!

とーや


NFT購入時の注意点


次に、NFTを購入するうえでの注意点を解説していきます。


NFT購入時の注意点①:詐欺サイトが多く存在する


まず1つ目は、詐欺サイトが多く存在するということ。


例えば、メタマスク や NFTプロジェクトの公式サイトが偽サイトの場合もあり、実際に被害にあっている方も多くいます。


しかし、当サイトで記載しているサイトは本物のアプリ や 公式サイトなので、安心してください。


本物かどうかを見分けるには、ダウンロード数 や 、SNSの公式からダウンロードするなどがありますね。


NFT購入時の注意点②:シークレットリカバリーフレーズを教えない


2つ目は、シークレットリカバリーフレーズを教えてはならないということ。


シークレットリカバリーフレーズは、秘密鍵とも呼ばれていて、パスワードを忘れたときや 、 端末機器が紛失したときに復元をかけられるメタマスクウォレットキーです。


これを教えてしまうと、ウォレット内にある資産がすべて抜き取られてしまいます。


もし、誰かから教えるように指示されても絶対に教えないように注意しましょう!


NFT購入時の注意点③:悪質ユーザーのDMは無視する


3つ目は、悪質ユーザーのDMは無視しないといけないということ。


よく多いのが、TwitterなどのSNSで、外国語 や 日本語で、メッセージが届くことがあります。


メッセージの指示に従ってしまうと、ウォレット内の資産がすべて盗まれてしまうリスクも少なくありません。


なので、そういったメッセージは、絶対に無視をして、自分の資産を守りましょう。


不安があるという方は、ハードウェアウォレットの購入をして、暗号資産を保管しましょう。

※24,000円と高額なので、余剰資金の範囲で購入を検討しましょう(-_-;)

まとめ


今までの内容をまとめてみました!


内容の要点

  • HLPeace は拡散をしてお金を稼げるプロジェクトで、天使や妖精のイラストが多い
  • HLPeaceのプロジェクトはコラボが多く、インフルエンサーなどと多くつながっている
  • SNSの知名度が高く、プロジェクト参加者への特典が豊富
  • シークレットリカバリーフレーズは教えず、詐欺に気をつける


HLPeaceは、販売日には、知名度が多く、コラボをしているため、購入する方は少なくないです。


人気 YouTuber であるRepezen Foxxとコラボをしていたので、Repezen ファンのNFT初心者などで、買う方が現れるでしょう。


なので、HLPeaceのNFTは、個人的にはフェーズ1で、かなり売れる予想です。


もし購入を検討される方は、余剰資金の範囲で購入することをおすすめします。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

とーや


-NFT
-, , ,