Fortnite UEFN VERSE フォートナイト クリエイティブ

【Fortnite冒険者のためのガイド】プログラミングの基礎をゲームで楽しく学ぼう


初心者

プログラム?コンパイル?アルゴリズム?


レッスン1の解説をもう少し簡単におしえて!


当サイトでは、子どもでも簡単に読めるサイトとなっております!

とーや



今回は、世界中で人気のゲームFortniteでゲームを作ることができるUEFN、VERSEの基本【レッスン1:基本的なプログラミング用語】について解説していきます。


最初は専門用語が多く、大変ではありますがクオリティの高いゲームを作れるように、一緒にVERSE、UEFNを学んでいきましょう!


プログラムとは?


プログラムは、Fortniteのゲームルールのようなものです。


例えば、「ボタンを押すと(これが入力)、キャラクターがジャンプする(これが出力)」というのが、プログラムの基本的な仕組みとなっています。


Fortniteのゲーム画面で、中央のキャラクターがジャンプボタンを押すと上に飛ぶ場面を想像していただくと理解しやすいでしょう。


VERSEとは?


Verseは、Fortniteの中に入り込んで、自分だけの世界を作れるプログラミング言語です。


つまり、自分だけのゲームや冒険を作り出すのにすごく適しているプログラミング言語ともいえます。


例えば、Fortniteでキャラクターがどんな武器を持ち、どんな戦い方をするかを決められるように、Verseを使うと自分だけのゲームを作ることができることができて、誰でもFortniteのゲームデザイナーのようになれます。


Fortniteのキャラクターが新しい武器を手に入れ、自分だけの戦略を立てて戦う様子などを、無料で作成することが可能です。


VERSEの機能について


Verse言語は、Fortniteの中で様々な問題を解決するみたいに使うことができます。


例えば、敵を倒すためにどの武器を使うべきか、どうやって安全な場所へ移動するかなど、その時々で最善の選択をする、などなど。


つまり文字どおりに物事を理解しているので、自分が要求した通りのものが手に入ります。


だから、コードのエラー(指示のミス)が出る時っていうのは、プログラマーがコンピューターに対して正確な指示を出していないこと。
ゲームで予想外の攻撃を受けてしまうみたいな感じです。


Fortniteのキャラクターが適切な武器を選んで敵と戦ったり、安全な場所へと移動する様子を想像してみてください。
それがコードを書いてプログラムを動かしている様子となります。


コンパイルとは?


プログラムは、人間が理解できるように書かれていて、コンピュータが動かすためにはコンピュータが理解できるように、形を変える必要があります。


これを例えて言うと、Fortniteのゲームを作るときに、自分が考えたゲームのルールやアイテムを、ゲームが理解できる形するということ
これをする道具が「コンパイラ」と言います。


例えば、「このアイテムを取ったら、体力が満タンになる」っていうルールを、ゲームが理解できる形にする。
これを、コンパイラがやってくれるということです。


Fortniteのキャラクターが製作者が考えたルールにゲームが反映されます。


アルゴリズムとは?


アルゴリズムとは、問題を解決したりタスクを達成したりするための手順のこと。
これをFortniteの世界でお考えいただくと、ゲームの中で何かを達成するための行動の手順と考えていただけるとわかりやすいかと思います。


例えば、Fortniteで宝箱を開けるためのアルゴリズムは以下のようになります

  • 宝箱がある場所を見つける
  • 宝箱のところまでキャラクターを移動させる
  • 宝箱の前に立つ
  • 宝箱を開けるボタンを押す
  • アイテムを取得する

この手順がすべて行われると、あなたはゲーム内で新しいアイテムを手に入れることができます。


Fortniteのキャラクターが宝箱を見つけて、それに向かって移動し、開けるボタンを押して、アイテムを手に入れる。
これがアルゴリズムの一例となります。


ループについて


反復して行われるアルゴリズムのことを「ループ」といいます。


これをFortniteのゲームに例えてみますと、例えば、ゲーム内でアイテムを集める行動を思い浮かべてみてください。


同じ場所へ何度も戻ってアイテムを拾うという行動、それがループというものです。


ゲームの中でアイテムを探し、見つけて、拾う。この一連の行動を何度も繰り返すというのがループとなります。


フォートナイト クリエイティブとは?


「フォートナイト クリエイティブ」を使うと、自分だけのゲームを作ることができます。


アルゴリズムは、ゲームの進行方法を定めるもので、一度覚えれば自分で自由にゲームを作ることも可能です。


それに、「フォートナイト クリエイティブ」では、普通のフォートナイトでは使えない特別なギミックも作れ、アイデア次第では何でもできます。


アルゴリズムを深堀しよう!


ゲームの中での敵との戦いに勝つためのプラン(アルゴリズム)を立てます。例えば、「敵を見つけて、弾を撃って、ダメージを与える」という戦略です。


その戦略に従い、ゲームを進め、敵を倒せたかどうかを確認。
もし倒せたら、戦略は成功と言えます。


しかし、敵を倒せなかったら、プランを見直してみよう。何がうまくいかなかったのか、何が足りなかったのかを考えて、プランを修正する。


そして修正したプランでまた挑戦する。これを繰り返すことで、最終的に敵を倒せるプランを見つける。これがプログラミングの考え方となっています。


Fortniteのキャラクターが敵と戦って、うまくいかなかった時にプランを見直して、再挑戦するといった感じです。


ソースコードとマシンコード


プログラムは、ゲームを作るための設計図みたいなもので、これを書いたものが「ソースコード」。


それをコンピュータが理解できるようにすると、「マシンコード」になります。


Fortniteで考えてみると、ゲームで作った自分だけの島が「ソースコード」になり、それをゲームが動かせる形にするのが「マシンコード」です。


そして、そのゲームが動いている状態が「実行」しているってこと。
もしゲームが動かなかったら、設計図に問題がある、それを「エラー」と呼びます。


キャラクターが自分で作った島で冒険を楽しんでいる様子。
それが、プログラムが「実行」されている状態だよ。


4種類のコードエラーとは?


コードにエラーがあるときというのは、ゲームがうまく動かない状況のことです。


それには主に4つあるので解説していきます。


①道具の使い方によるコンパイラエラー


コンパイラエラーは、島を作るために使う道具が使える順番や組み合わせになっていないときに起きる、これを「構文」と呼びます。


例えば、木を植えようとするとき、まず地面を選んでから木を植えるかと思います。
それが「構文」で、つまり道具の使い方のルールです。

空中に木を植えたりすると、ゲームのルールに違反したとみなされゲームはそれをエラーと認識し、作った島を作り直させる。
これが「コンパイラエラー」。


だから、木を植える前に地面を選ぶ、という順番を守ることが大切だということですね。


②()がついていないコンパイラエラー


「Print("Hello, world!")」と「Print("Hello, World!"」では、「)」が足りません。


もし家を作ろうとして、壁を作ったけど、一部が欠けていたなら家は完成しませんよね。
それと同じで、「Print("Hello, World!"」の場合、閉じ括弧「)」が欠けているから、コンピュータはそれをエラーと認識します。


なので、全てのブロックを使って建物を作るように、プログラミングも全ての必要な記号を使って書くことが大切です。


③【バグ】が生じている場合


「バグ」というのは、何か作ろうとした時、予定していた通りにならないこと。
例えば、ジャンプパッドを設置して、それで高い場所に飛びたかったのに、何故か全然違う方向に飛んでしまった時のような状況などがあります。


これは、言葉で例えると、「ネコは寝る」の文があるとします。
ここで「ネコ」が主語で、「寝る」が動詞ですが、「ネコは飛ぶ」と書いたとしたら、ネコは飛べないのでおかしい文ができます。
これがプログラミングのバグと同じで、予定していた動作と違うことが起きてしまうというものです。


④実行時に起きるバグ


この例では、「ネズミを2匹以上捕まえたら勝ち!」というゲームを考えてみます。
しかし、ルールを設定するときに、「ネズミを1匹以上捕まえたら勝ち!」と設定してしまったら?


これがバグの一例です。この場合、1匹のネズミを捕まえただけでも勝利となってしまいます。
つまり、ゲームはちゃんと動いているけど、プレイヤーの期待(ネズミを2匹以上捕まえないと勝てないはず)とは違う結果になるわけです。


まとめ


今回の記事の要点をまとめさせていただきます。


  • VERSE → Fortniteで自分だけのゲームを作れるプログラミング言語
  • アルゴリズム → 問題を解決したりタスクを達成したりするための手順のこと
  • コンパイル → ゲームのルールやアイテムを、ゲームが理解できる形にすること
  • ループ → 反復して行われるアルゴリズムのこと
  • ソースコード → ゲームを作るための設計図
  • マシンコード → 設計図をコンピュータが理解できるようにすること
  • コンパイラエラー → 道具の使い方のミス や ()が有るか無いかで生じるエラー
  • バグ → 予定していた動作にならない や 勝利条件が異なるなどがある


ここをある程度理解したら次はレッスン2に進んでいきましょう。


もし、わからないことがございましたらDMやコメントをお願い致します!


最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

とーや


-Fortnite, UEFN, VERSE, フォートナイト クリエイティブ