仮想通貨

仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の特徴や将来性、買い方をわかりやすく解説!


初心者

価格予想が36倍の仮想通貨レイブンコイン(RVN)について知りたい!


でも、特徴や将来性、買い方がわからないな。


だれかわかりやすく教えてくれるひとはいないかな。。。


こんな悩みを解決します!


本記事の内容

  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)とは
  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の特徴
  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の将来性
  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の価格推移
  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の価格予想
  • 仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の購入の仕方
  • まとめ


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)は、世界で一番人気の海外取引所のバイナンスに上場しています。


価格予想ができるプライスプレディクションによると、現在の価格から2031年末の価格は、約36倍まで上がると予想されています。


なお、レイブンコインを購入するときに、仮想通貨が必要になってくるので、あらかじめコインチェックで仮想通貨を購入しておきましょう。


コインチェック公式サイト

よろしくお願いします。

とーや


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)とは


レイヴンコインとは、ビットコインのコードフォークで構築されたプロジェクトのこと。


これではよくわかりませんよね笑

つまり、資産を転送するのに特化したブロックチェーンということです。


実際に、トークンを発行した人が、トークンオーナーとなり、トークンを譲渡することもできます。

※レイヴンコインはビットコインをベースにした仮想通貨プロジェクト


資産を転送できる仮想通貨プロジェクト!

とーや


用語確認

  • ビットコイン
    ⇒世界で初めて出た仮想通貨で、
    ブロックチェーンの基盤になったもの
    ※草コインは、ビットコイン以外の仮想通貨すべて
  • コードフォーク
    ⇒ブロックチェーンに変更を加えるたびに発生するもの
    発生すると、チェーンは分割されて、
    元のチェーンの履歴をすべて共有できる

  • ブロックチェーン
    ⇒データをみんなで管理して記録が出来る
    データの改ざんや破損に対して強い。
  • トークン
    ⇒仮想通貨プロジェクト中の仮想通貨のこと


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の7つの特徴


レイヴンコインを簡単に解説しましたが、具体的な特徴はなんなのでしょうか?


レイヴンコインの特徴を以下の特徴を7つ解説していきます。


  • 特徴①:資産を返還して転送できる
  • 特徴②:データを閲覧できる
  • 特徴③:資産の譲渡が可能
  • 特徴④:メッセージングシステム
  • 特徴⑤:他のチェーンでも使用可能
  • 特徴⑥:デジタル資産だから、維持費を抑えられる
  • 特徴⑦:ネイティブトークンでの報酬


特徴①:資産を返還して転送できる


レイヴンコインは、自分が持っている以下の資産をデジタル化できます。

  • 収集品
  • 航空会社マイル
  • イベントチケット
  • 有価証券(株式や債券など)


これらの資産を容易に転送できる仕組みとなっております。


見た限りだと、普段ではあまり使わなそうな資産が多いです。


特に、金がトークン化できるなんて、誰もが考えにくいでしょう。


特徴②:アセットが発行できる


レイヴンコインは、アセットというものが発行できます。


アセットとは、発行者が存在するトークンのことで、主に資金調達で使われるもので、発行者から資金調達をできます。


つまり、少額でも大きな利益になる可能性があるということですね。


アセットは資金調達できるトークン!

とーや


特徴③:所有者を変更して資産の譲渡が可能


レイヴンコインは、所有者を変更して、資産を譲渡することができます。


所有者は変更するときに、ユーザーが持っているトークンのアドレスを送信して、所有者の変更が可能です。


所有者を変更できる!

とーや


特徴④:メッセージングシステム


レイヴンコインは、同じトークンを保有している人と通信を可能にします。


トークン保有者は、特定のユーザーにメッセージを送って、メールで取引ができるというわけです。


なので、実際の取引(投資など)よりもスムーズになります。


メールで取引が可能!

とーや


特徴⑤:他のプロジェクトでも使用可能


レイヴンコインは、他のプロジェクトでもレイブンコインのチェーンを利用できます。


他の相性のいい仮想通貨プロジェクトとレイブンコインのチェーンを組み合わせれば、さらなる効果が期待できるでしょう。


他のプロジェクトでもチェーンが使える!

とーや


特徴⑥:デジタル資産だから、維持費を抑えられる


レイヴンコインは、資産をトークン化するため、ブロックチェーンの技術が取り入れられています。


なので、実際に資産を持っているよりも費用を抑えることが可能です。


不動産や土地だと、修繕費などが多くかかりますが、デジタル資産にすることで、物理的には価値は下がりません。


今後の時代では、デジタル化した資産が増える時代になりそうですね。

※価格そのものは変動するので注意しましょう


物理的価値は問題ないね!

とーや


特徴⑦:ネイティブトークンでの報酬


レイヴンコインは、トークンを保有してることで、ネイティブトークンを得ることができます。


つまり、配当金のトークンバージョンです。


トークン配当割合も高いので、持ち逃げのリスクは低いでしょう。


独自のトークンが報酬で得られる!

とーや


用語確認

  • ネイティブトークン
    ⇒独自のブロックチェーンのトークンのこと


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の3つの将来性


続いては、レイヴンコインの将来性を、以下の通りに紹介していきます。

  • 将来性①:有名な取引所に上場
  • 将来性②:資産をトークン化できる
  • 将来性③:ASICではなくGPUであること


将来性①:有名な取引所に上場


レイヴンコインは、以下の有名な海外取引所に上場しています。

  • Binance(バイナンス)
    ⇒香港の仮想通貨取引所
    世界で1番目に人気の取引所
  • OKEX(オーケーイーエックス)
    ⇒中国の仮想通貨取引所
    世界で11番目に人気の取引所
  • Huobi Global(フォビ グローバル)
    ⇒セーシェルの仮想通貨取引所
    世界で8番目に人気の取引所


仮想通貨をかじっている人なら知っている人も多いです。

特にBinanceは、審査が厳しいことで有名で、申請してもなかなか上場できない仮想通貨も多いのです。


ですが、厳しい審査に通っているので、Binanceにレイヴンコインの機能性が認められたということでしょう。


なので、期待ができる仮想通貨です。


バイナンスに上場しているから信用が高い!

とーや


将来性②:資産をトークン化して譲渡できる


やはり、資産をトークン化できることでしょう。


トークン化することで、ブロックチェーンの技術が働くので、セキュリティが高いです。


投資詐欺であるポンジスキームのリスクも、ブロックチェーンでデータが共有されるため、ほぼないでしょう。


今後の時代では、デジタル資産が増えるので、期待ができる仮想通貨です。


詐欺のリスクを抑えられる!

とーや


用語確認

  • ポンジスキーム
    ⇒人を集めて資金運用をして、
    利益を出資者に還元すると嘘をつくこと
    例えば、10%の高配当で利回りするなどがある


将来性③:ASICではなくGPUであること


ASICとは、高速かつ低電力でマイニングを行えるチップのことです。


これがあると、マイニング率が大きくなり、ASICのチップを持っていないひとが不利になります。


しかし、レイヴンコインでは、GPUが搭載しているため、マイニング率が公平になるので、変動がなくなります。


誰もが平等に使えるので将来性は高いでしょう。


誰もが平等に使える!

とーや


用語確認

  • マイニング
    ⇒仮想通貨の承認作業のこと
    マイニングする人が取引情報を承認して報酬が得られます


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の3つの価格推移


将来性があって、期待をされているレイヴンコインですが、過去の価格推移はどうなっているのでしょう?


ここでは、コインマーケットキャップを使って3つ紹介していきます。


過去1か月の価格推移



  • 最低価格:0.027ドルで、日本円にすると約4円
  • 最大価格:0.034ドルで、日本円にすると約5円


2022年10月13日に最低価格が約4円になっています。


それより前の、2022年10月10日には、最大価格が約5円になっていて、3日後に約1円以上もさがったというわけです。


過去3か月の価格推移



  • 最低価格:0.020ドルで、日本円にすると約4円
  • 最大価格:0.068ドルで、日本円にすると約10円


2022年9月15日に最大価格が10円に高騰しましたが、それ以降の価格は徐々に衰退していきました。


しかし、9月25日より前の2022年8月29日では、約4円ほどで、そこから約2.5倍もあがった計算です。


過去1年間の価格推移



  • 最低価格:0.014ドルで、日本円にすると約2円
  • 最大価格:0.10ドルで、日本円にすると約15円


2022年6月17日には、最低価格が約2円でした。


しかし、約半年前の2022年1月5日には、最大価格15円以上で、6月17日の価格の約7.5倍にまで高騰していました。


仮想通貨レイブンコイン(RVN)の3つの価格予想


価格推移を紹介していきましたが、価格予想はどれくらいなのでしょう?


ここでは、プライスプレディクションを使って紹介していきます。


2022年末の価格予想


  • 最低価格:0.035ドルで、日本円にすると約5円
  • 平均価格:0.036ドルで、日本円にすると約5円
  • 最大価格:0.037ドルで、日本円にすると約5円


すべての価格が約5円ほどで、特に変動していないということがわかりますね。


現在価格が4円なので、これからは少しあがるでしょう。


次に2023年末の価格予想にいきます。


2023年末の価格予想


  • 最低価格:0.054ドルで、日本円にすると約8円
  • 平均価格:0.056ドルで、日本円にすると約8円
  • 最大価格:0.062ドルで、日本円にすると約9円


2022年度と比べれば、最大約1.8倍にも上昇しています。


続いて2025年末の価格予想をみていきましょう。


2025年末の価格予想


  • 最低価格:0.11ドルで、日本円にすると約16円
  • 平均価格:0.11ドルで、日本円にすると約16円
  • 最大価格:0.13ドルで、日本円にすると約19円


2023年から2年後ですが、全体の価格が2倍以上にまであがっています。


最後に2031年末の価格予想にいきましょう。


2031年末の価格予想


  • 最低価格:1.07ドルで、日本円にすると約157円
  • 平均価格:1.10ドルで、日本円にすると約161円
  • 最大価格:1.24ドルで、日本円にすると約182円


2025年から6年後で、全体的に約9倍以上価格が高騰しています。


現在の価格と比べると、約36倍以上にまで高騰しているという計算です。


将来性が高い証拠だね!

とーや


仮想通貨レイヴンコイン(RVN)の購入の仕方



仮想通貨レイヴンコインは残念ながら日本で取り扱いをしていません。


国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所を通す必要があります。

ぼくが国内取引所でオススメするのはコインチェックです。

コインチェックは、東証プライムであるマネックスグループの子会社なので、仮にコインチェックがなくなっても、マネックスグループが返金してくれる可能性が高いです。


たくさんの海外取引所に上場していますが、オススメなのは、MEXCでしょう。


簡単な手順はこちらとなります!

  • コインチェックでリップル(XRP)を購入

  • リップル(XRP)をMEXCに送金

  • MEXCでレイヴンコインを購入する


なお、自サイトで、「コインチェックの口座開設と購入方法をわかりやすく解説」を投稿しているので、わからない方はぜひ参考にしてください!


MEXC口座開設や買い方がわからない場合は、「MEXCの口座開設方法と購入の仕方をわかりやすく解説」をみてください。


※購入時は、別の仮想通貨の画像を載せているので、間違えないようにくれぐれも気を付けましょう。


用語確認

  • Coincheck(コインチェック)
    ⇒操作が簡単で、仮想通貨の取り扱い数が多い国内取引所
    ※レバレッジ取引は少ない金額で倍以上の金額を狙うことで、
    いわゆるギャンブルのようなものです

  • MEXC
    ⇒日本語に対応していて、1,000種類以上の仮想通貨がある
    アジア最大の海外取引所で、資金力や信用度が高い


コインチェック口座開設


クーコインは手数料が安いからオススメだよ!

とーや


まとめ


レイヴンコインは、資産をトークン化できる、将来性が高い仮想通貨プロジェクトです。


しかし、価格予想はあくまで予想でしかありません。


ということは、暴落して、大損する場合ももちろん考えられます。


もし、購入するなら、余剰資金の範囲で購入するようにしましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました!

とーや


-仮想通貨
-, , ,