仮想通貨

【仮想通貨】ブルゼル(BLZ)の特徴や将来性、買い方をわかりやすく解説!


初心者

世界中にデータ分散できるブルゼル(BLZ)について知りたい!

でも特徴や将来性、買い方がよくわからないな。

だれかわかりやすく解説してくれる人はいないかな。。。


こんな悩みを解決します!


仮想通貨ブルゼル(BLZ)を以下の順番で、わかりやすく解説していきます!

  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)とは
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)の5つの特徴
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)の3つの将来性
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)の3つの価格推移
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)の4つの価格予想
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)を購入できるオススメ取引所
  • 仮想通貨ブルゼル(BLZ)の購入の仕方
  • まとめ


価格が予想できるプライスプレディクションによると、2031年には、現在の価格(約7円)の約36倍以上と予想されています。


なので、将来性が高い仮想通貨であると考えられるでしょう。


なお、ブルゼル(BLZ)を購入するときに、仮想通貨が必要となります。


なので、あらかじめコインチェックから購入しておくといいでしょう。


ぼくも実際に将来性が高いと思い、BLZを購入しました


コインチェック公式サイト


仮想通貨ブルゼル(BLZ)とは

仮想通貨の名前Bluzelle
仮想通貨の読み方ブルゼル
仮想通貨の記号BLZ
時価総額約2.3億円
時価総額ランキング567位
現在の値段約7円
取り扱っている取引所Binance,CoinBase Exchange,Huobi,MEXCなど
プロジェクトの公開日2018年1月18日
公式サイトブルゼル公式サイト
公式Twitterブルゼル公式Twitter
2022年12月現在



ブルゼル(BLZ)とは、シンガポールのブルゼル社が開発した仮想通貨で、「DApps」と呼ばれるアプリのためのデータベース分散型サービスです。



用語確認

  • DApps(ダップス)
    ⇒ディセントラライズドアプリケーション(decentralized applications)の略。
    分散型アプリケーションという意味で、「ブロックチェーン技術を使ったアプリ」のこと。
  • データベース分散型サービス
    ⇒データを複数に分散して紛失などの安全性を確保している。
  • ブロックチェーン
    ⇒仮想通貨取引のデータを記録するもので、データを共有されるから、不正取引をなくせる。


仮想通貨ブルゼル(BLZ)の5つの特徴


特徴は以下のとおりです。

  • 他のノードにデータを分散している
  • 優れた開発実績がある
  • 容量が大きくコストが安い
  • チームアドバイザーが優秀
  • ハッキング被害の可能性が低い


順番に解説していきますね。

特徴①:他のノードにデータを分散している


1つ目の特徴は、他のノードにデータを分散しているということ。


一般的なデータベースでは、管理者を必要とし、取引のデータが消えてしまう可能性が高いです。


かんたんに説明すると

かんたん解説

  • 管理者=サーバー
  • 分散=複数のサーバーのようなもの


しかしブルゼルは、多くのノードにデータを保存しているため、1つのノードが動かなくなってしまっても、他のノードでのデータ処理が可能です。


つまり、1つのデータが紛失しても、他のノードが復元をかけられるということ。


用語確認

  • データベース
    ⇒デジタル情報(パソコンなどの複数端末のサーバー情報)を記録できて、管理している人がいる。
  • ノード
    ⇒ネットワークにつながっている1つ1つの機器、端末のこと。


データが消えても、他のノードでデータを復元できるよ!

とーや


特徴②:優れた開発実績がある


2つ目の特徴は、優れた開発実績があること


ブルゼル社では、以下の開発実績があります。

開発実績

  • 2015年4月:カナダの銀行と直接つなげる仮想通貨リップル(XRP)をベースにした「ゲートウェイ」の開発

  • 2016年5月:保険会社AIAに仮想通貨イーサリアム(ETH)をベースにした「モバイル保険アプリ」の開発

  • 2017年4月:イーサリアム(ETH) ベ ースの 「KYC ソリューション」を構築

  • 2017年7月:イーサリアム(ETH)をベースにした「保険のプラットフォーム」の開発


用語確認

  • ゲートウェイ
    ⇒ ネットワーク間の通信をつなげること。
    ※Wifiルーターなども一種。
  • アプリ
    ⇒アプリケーションソフトウェア(application software)の略。
    例えば、LINEやYouTubeもアプリの1つですね。
  • 保険のプラットフォーム
    ⇒ 「保険」と「プラットフォーム」を組み合わせたもの。
    ネット上に、被験者の情報を、医療機関に共有することが可能。
    イーサリアムチェーンを使えば、モバイル決済ができる。
  • KYC
    ⇒ノーユアカスタマー(Know Your Customer)の略。
    銀行や証券口座などにおける本人確認のこと。


特に、保険に力を入れていることがわかるね!

とーや


特徴③:容量が大きくコストが安い

3つ目の特徴は、容量が大きくコストが安くなること。

ブルゼルでは、GoogleやMicrosoftなどが所有しているストレージセンターの約1億倍以上の容量があります。


1TBにつきストレージのコストを0.001まで抑えることができて、コスト削減も可能です。


また、「BLZ」「BNT」の2つのトークンを使い、クロスチェーンで取引を行うことで、コストを安くすることができます。


用語確認

  • BLZ
    ⇒ユーザーが仮想通貨取引所で使えるトークン(仮想通貨)
    海外取引所でBLZを買うことで取引ができる。
  • BNT
    ⇒ブルゼルのシステム内で使うことができる仮想通貨。
  • クロスチェーン
    ⇒ブロックチェーン同士をまたがなくて済むから、手数料がかからない。


クロスチェーンでコストを抑えて、容量が大きい!

とーや


特徴④:チームアドバイザーが優秀


4つ目の特徴は、チームアドバイザーが非常に優秀であること。


  • Bryan Fox
    ⇒オーキッドラボの最高技術責任者(CTO)
  • Alex Leverington
    ⇒イーサリアムの初期開発に携わっていた。
  • Ryan Fugger
    ⇒リップルの初期開発に携わっていた。
  • Michael Egorov
    ⇒ZeroDBの共同設立者であり、最高技術責任者(CTO)


イーサリアムやリップルの初期開発者に加えて、CTOが2人もいます。


ブルゼル社では、IT業界のスペシャリストが多いので、将来性が高くなり、ブルゼルの価格高騰も期待できますね。


これをみて、購入を検討してみたい思ったかたは、以下のサイトから一度入金する必要があります。


コインチェック公式サイト


初期開発者とCTOが開発陣にいると、期待値が高くなるね!

とーや


特徴⑤:ハッキング被害の可能性が低い


5つ目の特徴は、ハッキング被害の可能性が低いこと。


ニュースや記事で、「仮想通貨取引所でお金がハッキングにより抜き取られる」という情報が流れることも少なくありません。

しかし、ブルゼルのプロジェクトの場合、それがありません。


なぜなら、ブルゼルのデータは2の256乗通りのパスワードを暗号化されているから


これを256ビットと呼び、具体的には、115792089237316000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000通りのパスワードがあります。


なので、ハッキングや不正アクセスはほぼ不可能ですね。


ハッキングの可能性をつぶせる!

とーや


用語確認

  • ハッキング
    ⇒他の通信機器などのデータに直接入りこんでそれを支配したり、パソコンの情報を操作したりすることです。
  • 256ビット
    ⇒一般的な暗号化技術で、2の256乗分のパスワードがある。


仮想通貨ブルゼル(BLZ)の5つの将来性

ここまでは、ブルゼルの特徴について解説していきました。


次は、ブルゼルの将来性を以下の順番で解説します!

  1. クラウド型データベースの需要が増える
  2. ブルゼルが作ったNFTゲーム「Gamma4」の伸びしろ
  3. チームが優秀
  4. 世界最大級の大手取引所のBinanceに上場
  5. 公式Twitterのフォロワー数が多い


将来性①:クラウド型データベースの需要が増える


今後は、5Gの普及率が上がり、インターネットを使ったサービス(クラウド型データベース)の需要が高まる時代に変化します。


ブルゼルのような「容量が多い、コストが安い、ハッキング被害が減る」技術力は、数年後、数十年後では、重宝される技術です。


なので、5Gが普及すれば、大きな価格上昇を期待できるでしょう。


用語確認

  • クラウド型データベース
    ⇒クラウド型のデータベース。
    例えば、パソコンとスマホでメールのやり取りができるなど。
  • 5G(5th Generationの略)
    ⇒第5世代移動通信システムとも呼ばれている。
    現在の4Gに続く次世代の通信のこと。


将来性②:ブルゼルが作ったNFTゲーム「Gamma4」の伸びしろ


「Gamma4」はブルゼル社が作ったNFTゲームで、プレイヤー同士が戦うリアルタイムカードゲームです。


このゲームは「任天堂」や、「EA」などの大手ゲーム会社の優秀なベテランたちが開発に携わっています。


開発に携わることで、クオリティレベルの高いゲームを期待できるでしょう。


「Gamma4」は、分散型ストレージというものが仕組み化されているため、稼いだNFTを失うことがありません。


なので、ゲームでお金を稼ぐことができる(P2E)というわけです。


用語確認

  • NFT(Non fungible tokenの略)
    ⇒代替不可能な仮想通貨(トークン)のこと。
    有名人やクリエイターのデジタルアート作品やゲームなどがあります。
  • 分散型ストレージ
    ⇒パソコンやスマホなどのノードの空き容量に、ブロックチェーン技術を使って、データを保存すること。


ゲーム業界の大手企業が協力しているから将来性があるよ!

とーや


将来性③:チームが優秀


ブルゼルのチームは、IT業界のスペシャリストが多い組織です。


なので、信用度も高く評価されて、不正取引が不可能なので、安心感があります。


安心感があることで、購入を検討する人が増える可能性があるので、少額投資するのもいいでしょう。


経歴があるからこそ信用度も必然に高くなるってことだね!

とーや


将来性④:世界最大級の大手取引所のBinanceに上場

仮想通貨ブルゼルは、世界最大級の大手取引所のBinanceに上場しています。


Binanceは上場するための審査が厳しいため、上場しない仮想通貨は多いです。


しかし、ブルゼルは、Binanceに上場しているため、Binanceからも高い評価があるとわかります。


なので、購入する価値は高いと予想できるでしょう。

※2022年12月 に日本での新規ユーザーの口座開設ができなくなった


将来性⑤:公式Twitterのフォロワー数が多い

2022年12月現在


公式Twitterのフォロワー数が8万人超とかなり多いです。


知名度が高いので、プロジェクトを成功させれば、大幅な価格上昇を期待できます。


プロジェクト次第でここは大きく変わっていくでしょう。

※ビットフライヤーの創業者 加納裕三さんもフォローしています。


仮想通貨ブルゼル(BLZ)の3つの価格推移


将来性について解説しましたが、では実際の価格推移はどうなっているのでしょう?


次は、1か月、3か月、1年間の価格推移をコインマーケットキャップを使ってみていきます!


過去1か月の価格推移

過去1か月分のデータですが、ブルゼルの価格が大きくさがっていることがわかります。

※ビットコインやイーサリアムなども全体的にさがっていました。


現在の価格は約7円ほどですが、12月4日とでは、約1.5倍も価格が言動していますね。


次は、過去3か月の価格推移をみていきましょう。


過去3か月の価格推移

これは過去3か月分の推移で、約2か月半前の、10月3日では、現在価格の約2倍。


しかし、FTXの破綻などもあり、11月から、仮想通貨の全体の価格がさがっています。


次は、過去1年の価格推移をみてみましょう。


過去1年の価格推移

約10か月前の、2月17日では、現在の価格と約4倍の価格低下しています。


価格をみると、かなり価格変動が激しいですね。


価格変動が激しいので、少額で投資をすることをオススメします。


価格変動のがかなり激しい仮想通貨だね

とーや


仮想通貨ブルゼル(BLZ)の4つの価格予想


ここまでは、3つの価格推移を解説しました。


次に、ブルゼルの価格予想をプライスプレディクションを使って、解説していきます。


2022年の3つの価格予想

  • 最低価格:0.05ドルで、日本円にすると約6円
  • 平均価格:0.056ドルで、日本円にすると約7円
  • 最大価格:0.057ドルで、日本円にすると約7円


現在の価格が約7円なので、これ以上の、価格上昇は厳しい予想です。


2023年の3つの価格予想

  • 最低価格:0.079ドルで、日本円にすると約10円
  • 平均価格:0.082ドルで、日本円にすると約11円
  • 最大価格:0.093ドルで、日本円にすると約12円


2022年と比べると、約1.5倍に、価格が上昇しています。


2025年の3つの価格予想

  • 最低価格:0.17ドルで、日本円にすると約23円
  • 平均価格:0.17ドルで、日本円にすると約23円
  • 最大価格:0.20ドルで、日本円にすると約26円


2022年と2025年を比べると、約3.5倍になりました。


最後に、2031年の価格予想をみていきましょう。


2031年の3つの価格予想

  • 最低価格:1.49ドルで、日本円にすると約199円
  • 平均価格:1.55ドルで、日本円にすると約208円
  • 最大価格:1.88ドルで、日本円にすると約252円


2022年と2030年を比べると、価格が約36倍以上も増えています。


現在の価格が、約7円なので、購入する価値の高い仮想通貨ですね。

約36倍以上だと誰もが購入したくなるね!

とーや


※価格は、他の記事と変動があるので、注意しましょう。


送金するときにオススメな国内取引所

仮想通貨ブルゼル(BLZ)は、国内取引所で販売されていません。


なので、国内取引所⇒海外取引所で、ブルゼルを、購入する必要があります。


ぼくがオススメするのは、コインチェックです。


理由は、マネックスグループの子会社だから。


マネックスグループは、東証プライム(東証一部上場)の1つです。
※例として、トヨタ自動車やパナソニックなどがあります。


なので、コインチェックが破綻したとしても、資金が戻る可能性が高いです。


次に、ブルゼルを購入するときにオススメできる海外取引所を解説します。


ブルゼルを購入できるオススメ海外取引所


では、海外取引所はどこがいいのか問われますと、ぼくはMEXCを推します。


なぜなら、アジア最大の仮想通貨取引所だから。


他の取引所だと、日本語対応していなかったり、金銭面、セキュリティ面の信用度が低い取引所が多いです。


しかし、MEXCでは、「日本語に対応していて、資金に余裕があり、信用度が高い」などの利点があります。


さらに、仮想通貨の取り扱い数が1,000種類を超えているため、他の仮想通貨を購入するのにも特化しているのでおすすめです。


以上の理由から、ぼくはコインチェックMEXCをオススメします。


コインチェックの購入の仕方はこちらから。


MEXCの購入の仕方はこちらからできます。


海外取引所


他の大手海外取引所は、以下の3つがあります。


ちなみに、現在のBinanceは、日本での新規ユーザー登録ができません。


用語確認

  • Coin check(コインチェック)
    ⇒操作が簡単で、仮想通貨の取り扱い数が多い国内取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    ⇒セキュリティが高く、少ない金額で大きな金額を狙えるレバレッジがある国内取引所
  • Binance(バイナンス)
    ⇒日本語に対応していて、手数料が安い海外取引所
  • Bitget(ビットゲット)
    ⇒口座開設が簡単で、手数料が安い海外取引所
  • MEXC(エムイーエックスシー)
    ⇒取り扱っている銘柄の種類が1,000種類もあり、セキュリティが高い海外取引所



まとめ:仮想通貨ブルゼル(BLZ)はネット社会を動かす大きなカギになる

今回は仮想通貨ブルゼル(BLZ)について解説していきました。


今後のネット社会では、ブルゼルの特性が活かされる社会になるため需要が非常に高いです。


ブルゼルの現在価格はまだ12円ほどですが、数年後には数倍、数十倍になる可能性を秘めています。


この記事を読んで気になった人は、余剰資金の範囲でぜひブルゼルを買ってみてください。


最後までお読みいただきありがとうございました!

とーや

-仮想通貨
-, , ,